農薬についての考え方
最近、無農薬と銘打った農産物をよく見かけますが、米に関しては、除草剤だけは使わななければ、収穫は半減します。
稲よりも雑草のほうが生命力が強く、田の養分を雑草が吸収してしまうからです。
それなら、雑草を手で除草すればどうかと思われるでしょうが、これはたいへんな重労働で、
それも1回で済むわけでなく、しばらくするとまた草が生えてきますので、3回ぐらいはしなければなりません。
これをすべての田でやれといわれても正直言ってできません。体が壊れてしまいます。
中西農場では種子消毒と除草剤を1回だけ使用しています。
人が小学校で予防接種をするように、稲も最低限の農薬を使用しないと、病気に負けてしまい一人前になれないのです。
その他、天候不良等でカメムシ・病気等の発生が見られる場合は、やむなく農薬散布をする場合もあります。
今後も、環境に負荷をかけない、より安全で美味しい「弘宝米」の栽培に取り組んでいきます。
弘宝米についてのページへ
コシヒカリの産直 中西農場
能登最高峰「宝達山」の清流で育てたコシヒカリ「弘宝米」を産直しています
〒929−1323 石川県羽咋郡押水町字御舘ロ36番地  中西弘徳
TEL 0767−28−2481   FAX 0767−28−2049
メールアドレス mail@kobomai.com
トップページへ戻る